スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅、育児、疲れ。


チビハムの黄疸数値がやっと基準値以下に下がった日、照射治療機器を外す。
のため1日様子見をして、問題がなかった翌日にやっと退院。

家族3人生活が始まりました。


里帰りもせず、身内の手伝いもお願い出来ない状況
退院後、夫が出産休暇を3日取ってくれて、生活のリズムをつくることに。

夫なしではやっていけなかった。
本当に、心身しんどいです。
入院中から「産後うつ」だったようで、ボロボロと涙が止まらなくなり
助産師さんや、授乳室で一緒になった他のお母さん達(2人目出産)に励まされる。
「考えすぎないでいい。心配せずともなるようになるよ」

チビハムがなかなか寝付いてくれなくて、起きている気配で私自身が気になって
うまく睡眠が取れなくなって、一日30分くらいしか眠れなくて。
人って、眠れない日が続くとおかしくなるんだと思います。

チビハムを出産時にお世話になった助産師さんから
「とにかく気にせず寝ること!赤ちゃんはその間新生児室で預かるから大丈夫!とにかく寝る!」
と、強引にありがたく寝かせてもらって、出づらくなっていた母乳も精神もやや復活。


退院後は、そういう誰かに預けることもできず、夫婦二人。
夫のサポートはとても大きく、家事はもちろん、おむつ換えも沐浴も二人で協力して行ってます。


覚悟していたつもりだったけど、3時間起きの授乳はキツイ。
夫も一緒に目が醒めるので、睡眠不足にさせて申し訳ない。
そして、3キロを腕で支えるので両腕が痛い。
多分抱き方が悪いのでしょう。ヘタだー。

自宅に帰っても再び涙がボロボロ。


関連記事

コメント

No title
まずは、赤ちゃんご誕生おめでとうございます!
生まれるまでそれはそれは大変な思いをされましたね。
生まれてからは新生児黄疸で心配が。
その黄疸も順調に回復して良かったです。
子育ては365日24時間休みなしです。
初めてのお子さんを誰のサポートもなくご夫婦だけでお世話するのは本当にしんどいですね。

ご主人が寝不足…大変だけどそれを苦にはされていないと思います。

自分の子育て時代を思い出します。
赤ちゃんというものはお腹がいっぱいなら満足して寝るものだ、なんて大嘘でした。
ミルクを飲ませても抱っこしても泣き止まず、こちらが泣きたくなりました。
寝ついたら寝付いたで、ちゃんと息をしているのか気になって何度も顔を覗きこんでいました。
抱っこのしかたも、今思えば下手でしたよ。
肩に力が入ってしまってね。

最初から何でもできるお母さんなんていません。
赤ちゃんと一緒にお母さんになっていくのです。
2,3ヶ月も経てば、あやすと笑うし、何やらお喋りするようになり、可愛さも増してきます。

ご主人や赤ちゃんを大切にするのと同じように、ご自分も大切になさってね。
>ビターさん

お久しぶりです。
どうもありがとうございます。嬉しいです。
入院中は自身に余裕がなく、コメント欄を閉じ、記録日記をうつうつと更新していました。
出産してしまえば少しは気分が楽になるかと思っていたのですが、
今度は産後の違う心配事に襲われてばかりいます。
何もかも初めてのことばかりなので、余裕がない日々ですね。

赤ちゃんは自分のいうことを聞くものではないとわかってはいたけど、
いざお世話に追われると心身しんどいです。
これがずっと続くのではなく、いつか終わりがあることなのだと
自身を励ましながら頑張ろうと思います。
…そうそう。ミルクも抱っこもおむつも満たしているのに、
理由が分からず続くギャン泣きは私も同じく泣きました。
ビターさんも同じくそういう経験をなさってこられたんですね。
ああ、私だけじゃないんだな。ダメな母だと落ち込むことも多々です。

経験談、励まし、ありがとうございました。
子と一緒に成長していきます。少し、肩の力を抜くようにしなきゃ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。