スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34週2日 切迫早産入院49日目


「ここまでやっときましたね。頑張りましたね」
と、先生や助産師さん達に声をかけてもらうことが多くなりました。

34週、やはりこのラインは大きいのでしょうね。


今日は妊婦検診の日。
採血と採尿。 午後から診察。

鉄の量が基準値以上だったからと、鉄剤ストップになりました。
便秘という副作用があるから、主治医が極力処方しないように気にしてくれているんです。

もうひとつ、漢方薬も1種類ストップ。

点滴を開始してからずっと湿疹が出て痒くて。
副作用とのことだけど、最近両腕が痒くて、それも点滴の針跡とか。
「ずっと薬を入れてるから肝臓が弱ってるのかもね」と、痒みを抑えるという薬を毎日注入することに。

そろそろ、点滴を快適に刺すことが出来るような太い血管が少なくなってきたようで。
昨夜刺しかえてもらう時になかなか見つからず。
やっと刺してもらったけれど、刺した後もズキズキ痛い。なんで?
大抵、時間が経てば馴染むもんだけど。ずっと痛い。


診察の話。
子宮頸管27mm、子宮口も閉じている。
あれだけのチビハム祭りだったけど、影響はなかったようでよかった。
推定体重2,200gから2,400gだろうということ。
育ってくれてるな。栄養はちゃんと胎盤を通していってくれているということか。
だからこれだけ力強い胎動もあるんでしょう。
羊水量も十分、異常も見られないと。
今日も、タマタマが股間に見えたそうです。やはり男の子なんでしょう。
エコーに気付いたのか、またすぐに隠されてその部分の写真撮れず。
どれだけ恥ずかしがりなの、うちのチビハムは。

男の子。そのつもりで洋服も選んでみました。やっと。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。