スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33週1日 切迫早産入院41日


午前中はお腹の張る回数が多かった。
痛みも強さもないけど、その分NSTをつけてる時間が延びた。
1時間は、キツイ。体勢変えたくないし、しんどかった。

午後にもう一度NST。今度は30分。
昼からはほとんど張りなし。
なんだったんだろう。異常なくてよかったけれど。



主治医が手が空いたのでエコー見ましょうかと、やってきた。
先週が多忙で診察出来なかったからだと思う。


子宮頸管長、短くなってました。最大30mmあったそれが、
いつの間にか25mm...。
「まあ、週数的にも短くなってておかしくないから、気にしないでね」
と、主治医。
神経質な私にいつも大変気遣った言葉選びをしてくれているのが伝わる。

後は、胎児の状態は全体的に順調そう。
ただ、今回も性別不明。
こんだけ普段お腹の中で動きまくってるのに、何故見せぬ。
それに顔まで隠してたので、エコー写真もらえませんでした。
「赤ちゃん、超音波感じてるのかなー。お顔隠してるね」

両親が神経質だから、まさかわが子まで神経質とは。
たまには、ドーンとお腹の中でオープン体勢とってほしいなー。

今回も性別不明で、夫もがっくり。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。