スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31週4日 切迫早産入院30日目


木曜の内診以降、透明のおりものが出ていることにびびる。
水っぽいので、破水かと。
内診時に洗浄と薬を入れられたけど、こんなに翌日まで出るのか。

そういう不安な時に限って、主治医は朝の顔出しがなかった。

思い切って日勤担当の助産師さんに聞くことにした。
入院中はおりものシートを使用しているというと、それを見せてと言われてひるむ。
まだ色々恥じらう妊婦です。
が、ここは割り切って提出。

もしこれが破水だったらどうしよう。
まだ胎児は31週なのに。まだ自分で呼吸出来ない。
肺機能が完成してない。
この病院はNICUがないので、間違いなく転院になってしまう。
色々マイナスなことばかり考えて不安になる。
お腹の張りもそんなに強くないのに。
なによりも、胎児は今もこんなにお腹の中で元気に蹴りまくっているのに。
まだ生まれちゃだめだ。
ああ、胎児の入れ物が高齢だし、お腹が張りやすくて妊娠に適していないせいで
わが子に負担を強いてしまうかもしれない。申し訳ない。


しばらくしてその助産師さんが戻ってきた。
「これは破水じゃなくておりものです」
と、はっきり断言。

は、は〜〜。本当ですか。
力が抜けました。
その動揺がしっかりNSTの波に出てしまう。

「昨日薬を入れて、それは殺菌作用があるものなんだけど、菌を殺した後にそういう透明な状態で出るのが2,3日続くかもしんない」と。


夕方の回診時にも、その話をする。
部長が言った。
「所見じゃ絶対まだ生まれないから大丈夫よ。そういう専門的なところは私たちに任せて、ドーンとしてていいからね」

病院の医師や助産師の方々の「大丈夫」という言葉に、
私は何度も安心させてもらっている。
入院中の不安を打ち消してくれるんです。

「私達は点滴が入っている間は、生まれるとは思ってませんから」
笑って部長は続けて言う。


あと、私に出来るのは安静しかない。
あと1ヶ月、シャワーなしでもいいから無事に生まれてきてほしい。
もうそこぐらいしか安静度をあげる手段が思いつかない。必死です。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。