スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28週5日 切迫早産入院10日目


点滴の針が痛い。
こればかり。

私の血管は太くてよく出ているので、看護師さんからは毎回
「いい血管ですね」とほめられているのだけど、持ちが悪い。
見た目ほど針が入っていかないようだと、昨夜の看護師さんからは言われた。

保つ人は1週間とか刺しかえなしでいけるようだが
私のそれは、翌日には痛くて、腫れて来る。

深夜、液漏れしているようだった上に痛みと腫れが辛くて
刺し変えてもらったらば
その血管探しと刺し込む激痛に涙がとまらなくなった。
早く点滴から解放されたい。
最中、お腹の張りもやってくる。
胎児も何事かと驚いていたかもしれない。
胎児と母親は繋がっているからね、と助産師さんの言葉が浮かぶ。


今回の夜勤看護師さん、どしんとした構え、雰囲気、スモーカー
匂いで。
なんとなく実家の母を思い出す。
安心感がありました。
そういえば、母の日のこと。
両家の実家の母には、プレゼント手配はネットから。
入院中でもネットがあるから便利な時代。


どうも私はお腹が張りやすい体質らしい。
点滴するけど、完全になくなることはないし
トイレに行きたくなる前は必ず張っている。
行きたくなったらすぐに行くようにね、と言われている。

この世にはほとんど張らずに過ごしている妊婦さんもいるんだろうな。
私は薬が入っていても、こんなに張るんだけどな。

とにかく、正期産まで保ってほしい。
まだお腹の中で過ごしていてください。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。