スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28週3日 切迫早産入院8日目


食事について。
個人病院ではなく総合病院だし、なにも豪華なものを期待などしてませんが

肉食がつらい、かも。

イメージは和食の粗食だったけど、この病院は肉率が高くて胃もたれしそう。
あと、私の献立は「貧血妊婦用」で組んであるけど
ご飯の量が多くて毎回残す。茶碗2杯分くらいあるんだもの。
毎回写真を撮って、夫に見せているのですが
「これ、多くない?自分が食べる量以上のご飯量やん」
もしかして、うちが少食なんですかね。患者さんたち、みんなこれだけ食べてるんだろうか。

これに10時と15時のおやつが出ます。
プチシュー5個とか、クッキーとか、カルシウム入りせんべいとか。
これで栄養素を補っている?


先日の連休中、昼食に「豚の黒胡椒丼」が出た時は
思わず夫に写メ報告。涙目。
「残しー。あとで何か持って行くから」と、言われて
実家からのメロンと、プチうなぎ丼を作って来てくれて、美味しくいただきました。

この食事の肉率の高さは、貧血用なのか?
いやいや、ひじきとか、小松菜とか、他にも食材はあると思うの。
自分が作る食事が恋しいです。


主治医が午後から来てくれて
「もしお腹の張りが落ち着いてるようなら、点滴量をまた下げましょう」
と、ピピッと数値を変更。

「あまり考えすぎないようにね。そういう不安がお腹に来ちゃう影響が大きいから
何にも気にせずにね、ボーッと外を見たり、本を読んだり、リラックスですよ」と。
夫からも同じことを言われました。
ネットで切迫早産の事は調べずに、のんびり過ごしなさい、と。


高齢妊婦の不安が大きな日々を送っていて、今まで考えすぎていたのかな。
それが切迫早産に繋がってしまったのかもしれない。
胎児には悪いことをしたな。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。