スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27週6日 切迫早産入院4日目


だんだん病院生活の現実に慣れてきた気がします。

それでも、ふとした時に襲う不安と恐怖はあって。
これからどうなるんだろう
もし、37週より早く生まれてしまったらどうしようとか
夫に家事丸投げ状態で申し訳ないとか
夫の食生活の心配とか


でっかい不安にさせられたことが、頭をよぎる。

入院決定した医師の言葉
「もしこれ以上悪くなることがあれば、うちでは診られないから転院ですよ」と。
ここは総合病院だけど、早産に対応出来る設備がないため
山を越えた遠くの周産期医療がある病院になるとのこと。

今は自宅から徒歩の総合病院。
この環境だから夫もまめに来られてる。
これ以上見知らぬ場所に転院なんて、つらい。
心が弱っているところに、言葉が打撃。
考えるとまたお腹が張ってくるのです。
どれだけ精神が弱いのかと。


点滴の挿し替えをしてもらったのに、
また痛い。
なかなか眠れず。
「血管は動くので、刺激で痛みがある場合もあるかもなんですよね」
そうですか。少し様子を見てみます。
もしまた血管が腫れそうだったら場所を替えてもらおうか。

毎日胎児の心音とお腹の張りチェック。
NSTでは、元気そうな心音が聞けます。
入院して唯一よかったと思う点かも。
異常があれば、すぐに対応してもらえる環境ということだと
ちょっと前向きに考えてみる。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。