スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだわからない性別

26週目。
先日、助産師外来の日でした。

夫が検診のたびに、朝一で時間休をとって一緒に病院まで来てくれます。
毎回診察室に入ってお腹のエコーを見るのです。

夫婦二人、早いうちから胎児の性別が知りたくて
「今回こそは」と、願いながら訊ねるんです。


「じゃあ、まず赤ちゃんのお股からみてみましょうか」と、助産師さん。
グリッと機械をお腹に当てる。
「うーん…。」
「どうですか?」
「ここがお股で、見える位置にはあるんですけどねぇ
お父さん、どうです?ここです、ここ」

と、示された箇所を凝視。

肝心な部分が、もやもやっとしていて不鮮明。
「男の子だとここににょきっと見えるはずなんですけど」

だからといって、女の子のしるしの木の葉っぽいものも見えない。
結局、3人でしばらく観察していたけれど、不明のまま。

「このエコーの精度、あまりよくないんですよねー」
がっくり。



ああ。体重が1か月前よりも3kg増え、母子手帳にも赤線で書かれました。
「体重増加」と。
多分、先日の旅館ごはんが反映された結果だと思います。

食べる物の制限しちゃって他に楽しみがないので
せめて性別がわかって、ベビー服を選ぶ楽しみが欲しかったんだけどな。
(白や黄色の中間色ばかりに偏るのも…)


その他は順調。
尿検査の数値も問題なし。
気になるのが、1週分くらい胎児が大き目だということ。
しかも、頭のハチが張っている子供らしいです。
分娩時にひっかからないといいな…。

「赤ちゃんのサイズはそのお母さんに合ったサイズで生まれてくるもんですよ」
と、助産師さんに励ましてもらいました。



もう7か月ですし!
見える人は20週くらいには分かるのになぁ。


関連記事

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。