スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠報告後の身内の反応

身内に妊娠報告した時の話。

高齢者をがっくりさせたくなく、安定期の5か月に入って報告。
義母は電話口で涙ぐみながら喜んでくれ、
義姉もおめでとうメールをくれた。

実母は「よかったじゃない」と淡々としたもの。
元々無口な父は、静かに喜んでいたようでした。

それと、非難メールをよこした実姉。
まさか身内から「おめでとう」とか「よかったね」とか
祝福の言葉など一切なく
「41で出産?どうすんの。今更。無計画すぎる」
などと、長ーい説教メールをもらうとは思わなかったです。
やっと出来た子供に「無計画」とは。
とてもへこみました…。

そのメールに続けて
「私のときなんか、20代で子供産んで、2回とも病院では『上手に産みましたね~』って褒められて云々…」
不安でいっぱいの高齢妊婦の妹をざくっと叩き落とし、その後は自分の自慢ですか。
ひいた。


子供が出来ないで夫婦二人で過ごしていた39歳までは
「時間がないんだから、早く不妊治療して作りなさいよ」と言い

40歳で出来たら出来たで
「今頃子供作ってどうするの」て。
私達夫婦がどういうふうになっても、何か言いたいのですか。
うんざり。



今も昔も、姉とは近くにいないほうがいいようだ。
波長が合った時は奇妙に仲が良い時もあるけれど、
基本、考え方とか色々合わないので。40年経った今でも喧嘩になることが多い。



身内には色々理解が得られそうになくて、しょんぼりしていて
「誰かこの子を可愛がってくれる人はいるのかしらねぇ…」と、
お腹をさすりながら呟いていたら
隣に座って歯磨きをしていた夫がそっと手を挙げた。

うんうん。ありがとう。
なんか泣けてきた。
2人で思い切り可愛がってあげればいいんだわ。
どうせ、故郷は遠方で元々接するには難しい距離だしね。

夫の実家も同じく遠いので、そっちには申し訳ないのだけれど。
初めての内孫。
会って喜んでくれる人に会わせてあげたい。
生まれてくるからには「生まれてきてよかったね」と
言ってくれる人と会わせてあげたい。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。