スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

把握出来ない実家の荷物

母から
「昔、うちが親戚からもらった電気ケトル、あんたにあげたんだっけ?」
という確認の電話がかかってきました。

いや、うちにあるのは、
私が10年前に一人暮らし開始時に購入したティファール1つだけですよ。

「それ、うちからあげたものじゃないよね?」

間違いなく、自分で購入したものです。
(購入履歴に残ってるし)


なんでも、ふと、そのもらい物の存在を思い出したらしく
押入れを探すも見つからないとのこと。
だから私にあげたのではないか、という電話をかけたとのこと。


実家は古い一戸建て。あちこちに押入れ収納があって、
多分どこに何をしまっているのか把握出来ていないよう。

物が多すぎるから!と、以前から母に言っているが
なかなか整理処分が進まないらしい。

年をとると、体も判断力も衰えるし、難しいところ。
だからといって、他人が片付けるとなったら手を出してほしくないらしい。

今後、いつか両親が他界することになったら
そう考えると気が重いです。
処分するのは残された子供達ですよ、お母さん。


私はそういう考えなので、
自分の持ち物を少しずつ処分し続けています。
とくに、思い出として撮ってきた写真はかなり厳選していくつもり。

後に残される夫や子供にとって不要な物は、きちんと処分しておきたい。
自分自身の思い出は、写真ではなく記憶の中だけでいいです。



関連記事

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。